BUSINESS事業内容

FRAMEWORK 型枠工事 FRAMEWORK 型枠工事

FRAMEWORK型枠工事

確かな技術で、
お客様の信頼を造る

型枠工事で、最も重要な強度の保持。耐震問題によって、安全性の基本として重要視されるようになりました。福島建設工業では、長年にわたり大型プロジェクトをはじめとする数多くの型枠工事において培われた職人の「経験」と「勘」によって、緻密な作業を慎重に行っています。そのため安全性を保ちながらも、美しい建築物へ仕上がるコンクリート工法を可能にし、より確かな技術でお客様の信頼を築き続けています。

FLOW 型枠工事の流れ

  • 01施工図の作成

    初めにすべての工程の指針となる施工図を作成します。建築物の目的や 用途に合わせ強度などを算出し、 木枠の形状などを図面に記します。

    施工図の作成
  • 02骨組の鉄筋を配置

    コンクリートの骨組みとなる鉄筋を配置していきます。水平、垂直の確保が特に重要となり、ミリ単位の誤差も許されない緻密な作業です。

    骨組の鉄筋を配置
  • 03内部の鉄筋を配置

    必要とされる強度に応じて、内部にも鉄筋を配置していきます。高層の建造物では上層が細い鉄筋、下層が太い鉄筋など、強度と重量のバランスも検討されます。

    内部の鉄筋を配置
  • 04木枠の配置・生コン流入

    鉄筋を包み込むように木枠を配置し、コンクリートを流し込みます。内部に気泡などができると強度の低下にもつながるため、慎重に流入していきます。

    木枠の配置・生コン流入
  • 05コンクリートの硬化

    コンクリートは水和反応という化学反応によって、時間をかけて硬化していきます。急激に固めてしまうと、ひび割れなどが生じるおそれがあり、強度低下を招きます。

    コンクリートの硬化
  • 06型枠の解体

    所定の強度になった時点で型枠がはずされます。優れた職人が手掛けたコンクリートほど機能美が際だち、美しい建築物の姿となって現れます。

    型枠の解体