BUSINESS事業内容

FRAMEWORK 型枠工事 FRAMEWORK 型枠工事

FRAMEWORK型枠工事

確かな技術で、
お客様の信頼を造る

型枠工事で、最も重要な強度の保持。耐震問題によって、安全性の基本として重要視されるようになりました。福島建設工業では、長年にわたり大型プロジェクトをはじめとする数多くの型枠工事において培われた職人の「経験」と「知識」によって、緻密な作業を慎重に行っています。そのため安全性を保ちながらも、美しい建築物へ仕上がるコンクリート工法を可能にし、より確かな技術でお客様の信頼を築き続けています。

FLOW 型枠工事の流れ

  • 01 加工図の作成

    加工図の作成

    工事現場の施工図をもとに、型枠の形状や寸法をパソコンにて加工図を作成する。
    この作業では平面である施工図から立体的なイメージを作ることが大切で、ここで間違えると正確な建物ができません。

  • 02 型枠加工作業

    型枠加工作業

    ここでは、加工図をもとに寸法通りに木枠を作製します。

  • 03 型枠組立作業

    型枠組立作業

    いよいよ実際の現場で型枠の組み立てです。型枠の組み立て精度が建物の出来栄えを左右しますので、水平・垂直のいずれも高い精度が要求されます。

  • 04 型枠の締め付け

    型枠の締め付け

    組み立てた型枠をコンクリートの圧力に耐える様に、単管パイプ等で締め付けます。

  • 05 サポートで固定

    サポートで固定

    上階の床になる部分を、パイプサポートで支えます。

  • 06 コンクリート打設作業

    コンクリート打設作業

    コンクリート打設とは、組み立てた型枠の中に生コンクリートを流し込んでいく作業です。

  • 07 型枠解体作業

    型枠解体作業

    コンクリート打設後、十分固まったことを確認できたところで型枠を解体します。

  • 08 型枠工事完了

    型枠工事完了

    ビル・マンション・商業施設・木造住宅すべての建築工事で必要になる型枠工事。
    自分たちで作り上げたものが後世につながる、未来を創る。